銀座 鮨青木の歩み

先代主人であり、現主人の父である青木 義(よし)は、江戸前鮨の名店として名を馳せた銀座「なか田」で20年ほど修業ののち、1972年、晴れて暖簾分けを許され、京都木屋町に「なか田」を開業。

これが現在の「鮨 青木」の始まりです。その後、1986年に東京へ戻り、麹町に店を構え、屋号を「鮨 青木」に改めます。

この頃、現主人の青木利勝は日本体育大学を卒業してアメリカに遊学。帰国後は京橋の名店「与志乃」に修業に入りました。

1992年、「鮨 青木」は現在の銀座・西五番街通りに移転。

修業時代を過ごした銀座での再出発の夢もつかの間、義(よし)は翌年に急逝し、29歳の利勝が店を継ぐことになりました。

2007年には西麻布店を開業して従業員も増え、現在までに、利勝の教えを受けた多くの若手が独立しています。

2016年秋、利勝はすべてのお客様にカウンターでお鮨を召し上がって頂きたい、という思いから銀座本店をリニューアル。新設した「小上がり」のお席は個室としても利用でき、これは父・義の夢でもありました。さらに創業45年という節目の年でもあり、これを機に原点回帰の意も込めて、店名を「銀座 鮨青木」に改めました。また、秋には異なるジャンルの料理人の力を借りて次世代の鮨を考える「Project Blue Tree」も西麻布店で始動。

日本の伝統を継ぐ料理人が減っている昨今、「銀座 鮨青木」ではこの店で働きたいと扉を叩いてくださる若者も多く、鮨の世界を盛り上げています。