銀座 鮨青木 銀座 鮨青木 銀座 鮨青木 銀座 鮨青木 銀座 鮨青木 銀座 鮨青木 銀座 鮨青木

お知らせ

Updates

2018/10/12

2018年10月16日~18日、"ソウル新羅ホテル"の鮨イベントにて、青木利勝が鮨を握ります。

Toshikatsu Aoki will serve Edomae sushi at a sushi event being held at "the Shiila Seoul" from Oct.16-18, 2018.

2018/10/05

「旬のコラム」を更新いたしました。今月は、牡蠣(かき)です。

We've updated our "In Season" section. This month's feature is "Oysters".

2018/9/25

堀江貴文氏と青木利勝の対談「【堀江×鮨 青木】今だから語れる寿司職人のあるべき修業とは」が、"NewsPicks"にて公開中です。

A discussion between Mr.Takafumi Horie and Toshikatsu Aoki has been uploaded to "NewsPicks."

2018/9/20

"銀座 鮨青木 2019年のおせち" のご予約を開始しております。

We have opened reservations for osechi 2019. Please note that the page is only available in Japanese.

2018/9/3

「旬のコラム」を更新いたしました。今月は、いくらごはんです。

We've updated our "In Season" section. This month's feature is "Ikura and Rice".

銀座 鮨青木について

私共の鮨をひとことで表現するは難しいものですが、あえていうならば、いつの時代も新鮮な「銀座」という街の特徴が表れた鮨だといえるかもしれません。

    先代や私が修業先から継いだ「江戸前鮨の伝統」を礎(いしずえ)としながらも、時代時代で変わる銀座の空気感、食通のお客様のお話、旅先での味の記憶など、さまざまな要素がお店に個性を与えるための閃きや手蔓となってきました。

    西麻布店ではより多くの試みを行い、料理人とのコラーボレーションから次々と変わり鮨が生まれ、お客様からご好評をいただいております。しかし、それらを淘汰するのは皆様の声や私共自身であり、さらには時間であるとも心得ています。

    一日一日は飛ぶように過ぎゆくものの、心の奥では"時"を大らかに捉え、視野を広く持つことで、銀座 鮨青木らしい「鮨」が生まれるのだと考えています。

「銀座 鮨青木」店主 青木利勝

お召し上がりについて

握り鮨だけを愉しむもよし。
刺身や焼き物をつまみに酒を愉しむもよし。

握りのネタ選びを職人にまかせていただく
「おまかせ」が基本ですが、
山葵の量の好みや、舎利の大きさ、
追加でもう一度食べたい鮨、
酒のアテにつまみが欲しいなどご希望があれば、
カウンター越しに遠慮なくお申し付けください。

銀座 鮨青木の楽しみ方は、お客様次第です。

店舗案内

各店舗までご予約をお願いいたします。
ご予約方法については、こちらをご覧ください。

ご予約・お問い合わせ

「銀座 鮨青木」のご予約は、前日までに各店舗まで電話でお問い合わせください。

■おまかせ(握り)15,000円より。おまかせ(おつまみと握り)25,000円より。
(共に消費税・サービス料別)

■魚の仕入れ価格は日々変わるため、ご予算があればお申し付けください。

■握りよりもおつまみを多く入れたいなど、ご希望に応じます。

■変わり鮨を入れたいなど、ご希望に応じます。

■銀座本店の小上がり(個室)のご予約は6名様よりお受けしております。西麻布店の個室のご予約は2名様よりお受けしております。

≪キャンセルポリシー≫

ご予約をキャンセルなさる場合は、お手数をおかけいたしますが、前日までにご連絡ください。
当日のキャンセルについては、15,000円を頂戴しております。

銀座本店:03-3289-1044
(受付10:00〜22:00)

西麻布店:03-5771-3344
(受付10:00〜22:00)

銀座本店:03-3289-1044
(受付10:00〜22:00)

西麻布店:03-5771-3344
(受付10:00〜22:00)